東洋水産機械株式会社

船上用・陸上用水産加工機械製造販売

> ホーム > 会社案内 > 会社の沿革

海産物加工機械開発の歴史

会社の沿革


1960s
1963 創業者 松林兼雄により、当時の水産機械先進国のスウェーデン・コンサーブマスキーナ社(後のアレンコ社)と技術提携し、日本で初めて魚体処理機の製造を開始。
1966 本格的な工船用魚体処理機開発のため、南アフリカ・ケープタウンに滞在し、研究開発にかかる。
1969 日本水産㈱・大洋漁業㈱のトロール船に採用。本格販売を開始。

1970s
1971 世界初の707型(ヘッドカッター・身卸し機連動型)を完成。
1972 陸上水産加工業者向け魚体処理機に着手。
1973 日本初の缶詰用サバ自動処理機完成。
スリ身工船用魚体整列供給機試作開始。
1975 缶詰用イワシ自動処理機完成。
陸上用小型魚体処理機167型販売開始。
1978 法人設立。松林兼雄社長就任。
1979 大型魚(カツオ・ブリ)魚体処理機完成、販売。

1980s
1980 世界初のうなぎ処理機TK-78型販売開始。
1981 本社新社屋、堺市菱木に完成。
1982 工船用全自動処理機械の販売開始。
1983 水産機械初のロボット開発に着手。
1984 スケソウダラ採卵機開発に着手。
1985 第2工場を堺市八田寺町に新設。
1986 スケソウダラ採卵機完成、販売。
1987 スウェーデン・ノルデン社と代理店契約。
1988

タラ類の本格シングルフィレマシンの開発に着手。

1989 元第2工場を増築・本社新社屋完成、本社を移転営業開始。ニシン・タラ類の自動採卵機開発に着手。

1990s
1990 ノーフィッシュマリーンサービス社を北アメリカに於ける機械およびパーツの販売代理店とする。
1991 ノーフィッシュマリーンサービス社を北アメリカに於けるパーツの総代理店とし、シアトルにパーツセンター設置。
1992 カレイすり身ラインの開発に着手。
1993 小型魚処理機167MN型販売開始。ハマチ処理機開発に着手。鮭・トラウト処理機開発に着手。
北アメリカに於けるパーツの総代理店としてシアトルにパシフィックフードシステム社を設立。
1994 サバ処理機764型販売開始。
1995 イカ足分断機開発に着手。
アジ自動ゼイコ取り機械販売開始。
1996 鰹節用カツオ処理機械開発に着手。
1997 スケソウダラ用Vカット式採卵機付ヘッドカッターの開発に着手。

2000s
2000 バンドナイフ式フィレマシンPS-120型販売開始。
鰹節用カツオ処理機の販売開始。
2001 小型魚処理機167NM型をリニューアルした167F型を販売開始。
2005 船上用くじら処理機(皮スキ、赤肉スライサー)を開発。
2006 新社長に森田晃治が就任。松林兼雄前社長は会長に就任。
カタクチイワシ処理機を(独)水産総合研究センターと共同開発に着手。
2007 (独)水産総合研究センターのサンマのプロジェクトに参加し、全自動処理機の開発に着手。
2008 新型ホッケ処理機の販売開始。
2009 全自動サバドレス処理機の開発に着手。
2012 新社長に塚越智頼が就任。

(go to top)